エンペラースコーピオン飼育はじめました!

以前10種類以上飼育していたサソリ・・・
ここに来てまた飼いたくなってきていた。

KENさん宅でエンペラーが出産!
ください。m( . . )m
いただきました!5匹も!

ということで飼育スタート。

まだ綺麗なホワイトです。↓
f0096947_230437.jpg

これから、だんだんとくろ~くなってきます。

このサイズの餌やりは注意が必要です。体も柔らかいこの時期は餌に齧られて死んでしまうケースもあります。特にエンペラーなどは、はさみ重視で獲物を捕らえるタイプです。小さいうちは盛んに毒針で刺そうとする様子が見られる場合がありますが、その毒はかなりヨワヨワです。餌を積極的に捕食しようとしても、餌に一度でも逃げられるといじけて採らなくなる場合があるようです。もっぱら、自然界ではこの時期は、♀親に餌を殺して与えられているようです。なので、このように、単独飼育に切り替えた場合は、Sコオロギを殺して与えるか、頭を潰してか取って与えます。そうすることで、餌に襲われるのを防いだり、餌を食べたか確認しやすくなる利点があります。

湿度は重要です。サソリの種類によって変わります。多くの飼育所に書いてあることですが、蒸れと湿度が高いのは違います。飼育容器にあんまり水滴が付くようだと好ましくありません。通気口を多くするかして対応します。でも、エンペラーに乾燥は好ましくないので適度に霧吹きで湿らせます。そのとき、サソリにかからないようにしたほうが良いように思います。なんと言ったら良いんでしょうか?なかなかこの湿度管理が難しいのです。

温度は普通プレートヒーターでします。話によるとサソリの死因の原因の多くが、餌の消化不良ということが言われます。それは、温度不足なのかもしれません。ほんとかどうかは分かりませんが・・・実際サソリは突然死ぬことが多い生き物です。以前飼育していたサソリもまだ、幼体にもかかわらず死ぬ奴は死んでしまいます。何故だかは分かりませんが成長に明らかに差が出ます。それと、冬場はプレートヒーターのみだと結構調子を崩す奴らが出てきます。どうやら下だけ暖まっていてもダメらしく。空間を暖めることが必要なようです。乗り切ってしまえば問題ないんですけどね。

入れ物を変えさせていただきましたm( . . )m
こんなんで飼育スタートしました。
f0096947_2340325.jpg

思いっきりオオクワの幼虫ビンです^^;
結構使えます。幼体にはうってつけです!ガラスのビンなので鑑賞面もクリアー。フタのとこにホームセンターで売ってる網戸の網をかませています。ねじになってるので多少のとこから落としたとしても脱走はないと思います。

危険動物に指定されたキョウトクサソリはおそらく意識をちゃんと持たない飼育者にあると思います。実際サソリが住宅地などで発見されるなどのニュースは多く起きていました。ニュースで見るのはほとんどが手軽な値段で買えるエンペラーやアジアンフォレスト・・・明らかにいるはずも無いサソリがいるのは飼育者が逃がしたか、逃げたのは確かです。犬や猫も問題ですが。毒を持ってる生き物です。ましてや、誰でも知っています。形を見ればサソリだ!と誰でもわかるでしょう。このような生き物を飼育する者は、逃げてしまいました・・・では、すまされないのです。絶対に逃がさない。むやみに飼育を進めないことです。

おおぉっと・・・つい、あつくなりました・・・

とにかくきちんとルールを守っていけばとても良い生き物なんです。
分かっていただければ幸いなのですが。

↓クリックしたくなぁ~る
人気blogランキングへ
↓クリックしかくなぁ~る
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
↓クリックし四角くなぁ~る
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

初コメ、リンク大歓迎です。お気軽に~
[PR]
by apiyarou | 2007-03-31 11:00 | サソリ

アピ野郎がExcite!するブログです・・・☆リンクフリーです!!一杯仲間をふやしたいです。よろしくお願いしますm(_ _:)m


by apiyarou
プロフィールを見る
画像一覧