ブログトップ

Apiyarou Excite Blog !!

apiyarou.exblog.jp

アピ野郎がExcite!するブログです・・・☆リンクフリーです!!一杯仲間をふやしたいです。よろしくお願いしますm(_ _:)m

カテゴリ:餌昆虫の維持法( 4 )

いや~
あまった、ファジーをやったらこんなんになってしまいましたよ・・・




注意:ゴキブリ画像があります。ご注意ください
























f0096947_11295753.jpg

f0096947_11301298.jpg

[PR]
by apiyarou | 2007-08-11 10:44 | 餌昆虫の維持法
f0096947_1374580.jpg


これなんだか分かります?

よーくみると・・・・・・餌ですよね。


何の餌?



餌昆虫の餌のようだけど・・・?


うん


コオロギの餌!



よーくみると何かもれてない?



うん



漏れてるよ・・・





って       オイ





脱走したコオロギが腹をすかしてどうやら盗みを働いたようです。




注意:餌の管理はコオロギの手の届かないところに保存しましょう^^:
[PR]
by apiyarou | 2007-08-02 00:02 | 餌昆虫の維持法
結構前ですが、というか随分前からといった方が良いようです。

コオロギ飼育の水入れを更新していました!
皆さん使ってる方も多いと思うのですが、スフィロアクアさんの水入れです。
f0096947_16364223.jpg
f0096947_16365919.jpg

使い心地はいいです。
水入れの管理がすごく楽になると思います。

私の場合、100匹のコオロギを最近は1週間持たないんですが、水入れはその100匹のコオロギが無くなってからのメンテで間に合っています!!

お勧めです。使ってみてください。

あ、

ちなみに餌コオロギはイエコオロギになりました。
やっぱり、フタホシより維持が楽だったので・・・
[PR]
by apiyarou | 2007-05-05 16:42 | 餌昆虫の維持法
 アピ野郎です。

 まったく政治家は信用できませんな。何を考えてるんだか、平気で国民の期待を裏切りましたね・・・美しい日本っていったい・・・ドロドロ日本の出来上がりですね。

最近めっきり寒くなりまして、バイクしかない私にとっては厳しい季節となっています。
コオロギの維持が難しくなる時期でもあります。
寒くなるとフタホシコオロギのほうが強い気がします。
私のコオロギ維持法は
・なるべく成虫になっていないものを選ぶ
・餌は切らさないように
・水も切らさないように(必ず水入れを用いる
・床材や足場を濡らさない
・活動面積を増やすために卵カップなど新聞紙を入れる
・必ず床材を入れる(新聞を敷くなどはNG
・冬場はプレートヒーターを使う(暑くなりすぎてはいけないので1/3ほど

 なるべく成虫になっていないのを選ぶは100匹とか買うときに店員に羽無しでお願いします~などというとやな客だなーと思われるのは確実なので辞めましょう!
できればSMLとサイズ分けして売っているとこで買うといいと思います。大体のショップはMサイズぐらいを普通入れてると思うので問題ないと思います。裏わざとしてコオロギの入荷日をチェックしておくことです。到着したてなら成虫になっている可能性も少ないでしょう
f0096947_18415538.jpg

 餌を切らすと共食いします。さらに足場も食われます(新聞はよく食われる・・・)
私が使ってるのはカルシウムを多く含む固形飼料です。といっても熱帯魚の餌や水亀の餌を与えています。
水亀の餌は特に気に入っています。コオロギ専用フードも爬虫類に与える前日に少し追加して与えています。あと水は必要です。購入してきたコオロギの元気が無い場合に、何もひいていないプラケースにひとまず移し軽く霧吹きをして水分補給をしてやります。これが結構効いたりしますある程度飲ませたらストックケースに移して完了です。
注意したいのはストックケースでは霧吹きしないことです。湿度が高まったり蒸れたりすると死亡率が飛躍的に上がります。それと餌も水も必ず容器を用いること。水はプレートヒーターの上に置かないことです。
f0096947_18424313.jpg

 私は週に1度100匹のコオロギを購入するので購入したてはケースの中にあふれかえってしまいます。もちろんケースをでかくすればいいんですが・・・何も足場を入れないでいるとコオロギの上にコオロギが常に乗っかったりふれていたりします。そうすると喧嘩や共食いが発生する可能性が高くなります。そこで足場を多く入れるようにしています。何でもいいと思うんですが、コオロギが食べてしまっても構わないものが好ましいです。新聞紙とかはあんまり良くないかもしれませんねインクとかが気になります。(私は気にしませんが・・・
一般的なのが紙でできている卵カップがいいですね。固いので食べられにくく使い勝手がいいです。
あと、床材を敷かない方がいますが絶対敷いた方がいいです。コオロギが死ぬと腐ります。そしてそれからは悪臭がしてきます。飢えたコオロギがそれを食べると確実に良くないでしょう。そこで、床材を敷いていないと下にベトー・・・これじゃ取る気にもなりません。
床材を敷いていれば取り除くのもラクですし、水分を吸ってくれます。それでも死ぬのは死ぬので、なるべく毎日取り除ければベストです。私は爬虫類に餌を上げるときについでに取り除いています。
f0096947_18433930.jpg

 あとは~この時期ですね。寒い時期はプレートヒーターをひいています。やっぱひいた方がいいです。コオロギごときになんて言わずにひいてやってください。餌もちゃんと維持できないのにそれを食う生き物なんか健康に育てられるわけ無いと思っていますから。私は。。。

 今日はよく書いたなぁ~

あ・・・まだ、明日の課題終わってなかった・・・

よし、課題ガンバロット!!(空元気・・・100倍
[PR]
by apiyarou | 2006-11-28 18:45 | 餌昆虫の維持法